20代の肌にもシミやシワはできる

近頃、お肌がくすんできてるなぁと思っています。

そんなくすみの元は、毛穴につまった汚れ「角栓」なんですよね。

睡眠不足や食生活などが乱れると、肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまいます。

正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料で、泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。

週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用すると、とても効果が期待ができると思います。

若い人の肌は、バリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですよね。

だからといって、スキンケアを全くしないまま、自分はまだ若いし、肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人は用心した方がいいです。

なぜなら、20代の肌にもシミやシワはできるからです。

シワが発生する、その主な原因は、主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌への影響を大きくします。

そういう訳ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。

こんがりと小麦色に焼けた肌は、健康的な色気を相手に与えられるものですが、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようと悩む人も多いです。

シミができるのが嫌なら、極力日焼けをしないようにするしかありません。

シミ予防のポイントといえば、しっかりと日焼止めを塗ることです。

そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどで、肌が炎症を起こす前にケアすることです。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌の血行も良くなります。

市販の酒粕をパックとして使うと、美白に良いといわれています。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。

ただし、アルコールに弱い方には勧められません。

なお、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人によってそれぞれ違いが見られます。

簡単に言うと、シミができやすい肌があります。

具体的な話では、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。

見分けるコツとしては、日焼けによって黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。

美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがどうにも気になり、私も焦燥感を覚えています。

中でもつくづく困り果てているのが、シミやソバカスです。

お肌のシミ対策の一つとして、パックが挙げられます。

美白成分及び保湿成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、肌に透明感を出してくれます。

思わず日焼けした時などに特に効き目があり、時間が経たないうちに、がっちりケアすれば、シミの予防に有効です。

ですが、最近ではホワイピュアというシミやソバカスに効果的な、医薬品のサプリを飲んでいます。

ホワイピュアの口コミでも、その効果は評判が良くて、大体2か月ぐらいでシミやソバカスが薄くなってくる感じですね。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク